会社概要

社長挨拶

「その人らしく生きる」ということ。わが身に降りかかる「老い」や「障害」そのものについては、誰もがその身代わりとなってそのつらさや不便さ、不自由さを解決することはできません。
介護サービスに携わる者は、そうした方の「心の中にある思い」を理解しつつも、憐みや同情をかけるのではなく、また、その「心の中の思い」から目を背けるのではなく、その人がその人らしく日々生活していけるよう支援していくことを職務としています。
誰も人生をやり直すことはできませんし、若返ることもできません。
ただ、だからといって「老い」や「障害」によって、人生の喜びや希望の多くが失われてしまうようなことがあってはならないのです。
「その人らしく」生きていくということは、その人が自分なりの「存在感」や「役割」をもって生きるということです。「生かされている」だけのような状態では、「その人らしさ」などを求めようがないのです。生活とは、昨日・今日・明日と連続的に続いているものです。
利用者様一人ひとりにとって、これまで培ってきた人生の「誇り」、あるいは生きていくうえでの「希望」や「喜び」といったことが保障されてこそ、「自立支援」の介護サービスであると考えます。

代表取締役 石田 龍

ご家族様へ

ひと昔前の老人ホームは入居費用の高いイメージが強く、家族が親の介護をする割合が高かったのですが、年々様々な施設が増えサービス付き高齢者向け住宅のように入居費用が抑えられ、家族に負担を掛けたくないと思われている方や子供世帯は夫婦共働きなどで親を自宅で介護するには色々な面で限界がある家族などにも選択肢が広がりました。
介護保険や様々なサービスが充実してきたことにより、住居だけではなく食事・介護・医療サービスを併用される事で、ご安心してプロがサポート致します。
ご家族様が訪問された際は、ご本人や他の皆様と楽しい時間を少しでも多く過ごして戴きたく、またスタッフから情報共有もさせて頂き日々の生活も詳しく知って戴きたいと考えております。
プロに任せる事と家族でしか出来ない事の役割分担が大切と考えおります。私達は身の回りのケアサポートはできても、ご家族の存在には及びません。 本施設は、「全てお任せください」というスタンスではなく、「ご家族と共に楽しめる時間を増やしてください」という考え方をする施設です。

・私たちが大切にしていることは、人と人とのつながりです。 ・私たちの喜びは、お客様が楽しく笑顔で暮らすことです。 ・私たちの夢は、「あなたに会えてよかった」といわれる介護サービスの実現です。

「幸せ=はぴねす」では、「5つの幸せ」をつくります

ぱぴねす「5つの幸せ」

いつまでも自分らしさを大切に、
気の向くまま、思うがままに迎える賛沢な時間。

新しい「ご自宅」として、24時間365日のサポートと、
プライベートな時間も大切にできる、
新しい住まい方をご提案いたします。

ご入居後、将来への安心を備えた住まいで
幸せにお暮らしいただけるよう、
お一人お一人のライフスタイルを尊重した
「5つの幸せ」を提供いたします。

おいしい食事による幸せ

  • あたたかな料理

    あたたかでバランスに配慮された食事は、健康面においても、また人生を楽しく彩るうえでも大切なものです。「はぴねす」は、お食事はお客様の毎日の楽しみであると考え、日々の食卓をお楽しみいただけるよう皆様をおもてなしいたします。

  • 特別メニューのご提供

    クリスマスやお正月、節句などの行事食や、年間を通してお楽しみいただける飽きさせないイベント食をご提供しております。

安心して快適に暮らせる幸せ

今の暮らしと同じような暮らしができるのか・・・
入居に際しての大きな不安の一つだと思います。「はぴねす」は一般住宅と同じく、起床時間も外出も就寝時間も原則毎日自由に過ごすことができます。

朝はゆっくり起きてお茶を飲む、健康の為に散歩をする、夜更かしして読書をする・・・
「はぴねす」は今までの日常と何ら変わらない生活をご提供いたします。それに加えて必要なサービスがご利用できます。

バリアフリー構造など高齢者にふさわしい建物はもちろんのこと、併設の小規模多機能型居宅介護をはじめ、安否確認や生活相談サービスといった安心・快適なサービスをご提供します。そのほかに、周辺の協力医療機関との連携をとりながら万全の体制を整えています。

他者とともに楽しく生きる幸せ

「はぴねす」には思いのままご自由にお過ごしいただける居室と、玄関を開けると広がる入居者同士のふれあいの場がございます。レクリエーション活動で交流を図ったり、朝・昼・夜のお食事を共にすることによって、これからの人生を共に過ごすかけがえのない仲間との絆が生まれるかもしれません。

同世代の仲間たちと共に人生を積極的に謳歌できる環境が「はぴねす」にはあります。プライベートな時間を大切にする方、共同生活のふれあいを求める方、「はぴねす」はどちらの方にも最適な環境をご提供いたします。

趣味を満足してできる幸せ

これまで大事にされてきた趣味活動を継続していただくのは、大きな生きがいのひとつです。「はぴねす」では会話や趣味を楽しむ時間をお過ごしいただけるよう、共有スペースをご用意しています。

魅力的なレクリエーション・サークル活動をご提供していきます。「はぴねす」は自立した生活を続けたい方、アクティブにご活動したい方々の充実したライフスタイルをバックアップいたします。

健康でいる幸せ

健康はすべての幸せの源です。「はぴねす」は小規模多機能型居宅介護を併設しております。入居中に介護が必要になった場合でも、安心のサポートをご用意しております。

協力医療機関との連携、健康・介護に関するアドバイス、入院・通院の紹介等を通じ、「はぴねす」は入居者様の健やかな生活を全力でバックアップいたします。

はぴねすで、新しい豊かな生活を。

運営会社

会社名
株式会社ビラ・ライフサポート
所在地
東京都目黒区東山2-3-5 ビラ・アペックスタワー
Google Map
設立
平成26年 12月 1日
資本金
100,000,000 円
代表取締役
石田 龍
主な事業
サービス付き高齢者向け住宅の賃貸・管理・運営
介護保険法に基づく介護事業(小規模多機能型居宅介護)
取引銀行
三井住友銀行(渋谷法人営業部)
商工組合中央金庫(渋谷支店)
みずほ銀行(渋谷中央支店)
親会社
[会社名]
株式会社ビラ・コーポレーション
[所在地]
東京都目黒区東山2-3-5 ビラ・アペックスタワー
[資本金]
100,000,000 円
[設立]
昭和56年 9月 5日
[取引銀行]
みずほ銀行(渋谷中央支店)
三菱UFJ銀行(渋谷支社)
三井住友銀行(渋谷法人営業部)
りそな銀行(渋谷支店)
日本政策金融公庫(新宿支店)
商工組合中央金庫(渋谷支店)
きらぼし銀行(神田中央支店)
さわやか信用金庫(中目黒駅前支店)
グループ
会社
[会社名]
株式会社ビラ・アペックス
[所在地]
東京都目黒区東山2-3-5 ビラ・アペックスタワー
[資本金]
100,000,000 円
[設立]
昭和59年 12月 10日
[会社名]
株式会社文房堂
[所在地]
東京都千代田区神田神保町1-21-1
[資本金]
80,000,000 円
[創業]
明治20年(1887年)
[ HP ]
http://www.bumpodo.co.jp/

施設概要

施設名
サービス付き高齢者向け住宅 はぴねす
所在地
北海道札幌市東区伏古八条4-1-5
ビラ・サンライト第1 Google Map
電話番号
011-785-5300
FAX番号
011-792-5307
受付時間
9:00~17:00

2019年春 オープン予定

サービス付き高齢者向け住宅 はぴねす発寒
北海道札幌市西区発寒七条14丁目

地域の皆様と共に

我々VILLAグループは旧来より東区伏古の地に、快適で良好な住環境として「ビラ・サンライト第1」および「ビラ・サンライト第2」の二棟のマンションを提供し、また、「はぴねす伏古」を高齢者の皆様が快適にお過ごしいただける住環境を地域に根ざした活動を営んで参りました。

この度は、西区発寒に二棟目の高齢者向け住宅の建設が決定いたしました。
発寒におきましても、伏古同様、ご近所様とのお付き合いを続けられ、自分らしく暮らし続けていくことができるような環境を提供させていただきます。

VILLAグループは札幌地域の一員として、これからも地域の皆様の生活に貢献して参ります。

PageTop